植物染めと織り

カラスノエンドウと聞いてピンとこなかった。  

実際見てみて、道端で見たことがあるな〜というくらい。 

ところがどっこい、そのカラスノエンドウをお湯で煮出して、エキスを抽出し、銅媒染すると、絹糸

がこんなにも鮮やかな色に染まる。 


I almost didn’t know about the common vetch. 

When I saw it, ah… I actually knew it, I had seen it in the street and that’s about it.

But! Boil common vetch in water. After extract the color from it. Next put silk yarn into extracted hot 

water and dye the silk yarn with copper mordant. After that, it will become a beautiful color.

同じカラスノエンドウでも、鉄媒染だと少し銀色っぽく、渋い色に染まった。

植物と鉱物の化学変化がおもしろい! 

しかも、染める人や天候によっても色が変わり、二度と同じ色はできないらしい。

なんとも不思議な植物染めの世界。

自分で染めた絹糸を織り交ぜた今日の仕上がりはこちら。 


When silk yarn is dyed with iron mordant it becomes silver color. 

Chemistry of plants and minerals is interesting! 

And silk yarn changes color depending on people and the weather. It never dyes same color. 

That’s the mystery of plants dying. 

This is my work for today. I used my silk yarn by hand weave.

織りの世界も奥深く、横糸だけでも無限のデザインが出来上がる。  

黙々と織っていると、織る人の気分や好みが自然と浮かび上がってくる。 

全て植物から染めた糸を使っていると、どんな色を組み合わせても自然に馴染んでしまう。

まさに自然のパワー。  

道端に咲いているカラスノエンドウのおかげで、こんなにも豊かな体験ができるなんて

下を見て歩くのが楽しくなりそう! 


The hand weaving world is deep. Just wefts have design infinite. 

I just weave then my feeling and preference come up in the work naturally. 

The silk yarn dyed from plants matches any color naturally. 

This is the natural power! 

It’s amazing that I can get rich experience from the common vetch witch is blooming everywhere.

It’s going to be fun when I look down and see it blooming!


0コメント

  • 1000 / 1000